ホームページを持つという事:埼玉・東京でホームページ制作・WEBデザイン・スマホサイト制作等はライフコミュニケーション​

WEB事業部スタッフブログ

ホームページ(ウェブサイト)制作に関して
日々想う事など綴って行きます。

トップページ » WEB事業部スタッフブログ » 基礎知識 » ホームページを持つという事

ホームページを持つという事

2018.07.27

昨今ホームページ(ウェブサイト)を開設される企業様は、規模に関係なく確実に増えてきました。その理由や動機は様々ですが、今回は『ホームページを持つ意味』について考えてみたいと思います。

ホームページの役割の変化

数年前までのホームページに求められる要求とは大分様変わりした様に思います。どの様に変わったのでしょうか。
私たちはこの様に感じています。

  1. 自社の案内や事業内容、製品についてを紹介する場所
    →自社サービスをホームページから直接お客様にお届けする場所へ。
  2. ホームページを作って問い合わせを待っている
    →情報発信をマメに行い、リピーターやファンを増やしてお客様と積極的に関わる為の橋渡しに。

作って公開したら終わりの時代は遥か昔に終わっているのです。

公開する事のメリット・デメリット

ホームページ(ウェブサイト)を持つと言う事には、様々な良い点悪い点が出てきます。

  • ◯ メリット
    →会社が大きく(立派に)見える
    →取引商圏が一気に広がる
    →情報の発信頻度は、会社の活性度をアピールできる
  • × デメリット
    →デザインやページ内容によっては、返って信用を得られない場合がある
    →悪質なイタズラに巻き込まれる事も...

デメリットの部分は、制作会社と実際にホームページを作られる会社様が企画段階からしっかりとした目的を持って進めていけば防げる事です。

公開したら終わりではない

以上の通り、ホームページは公開して更新し続ける事によって成長し集客に繋がります。
これが結構重要で、かなりの確率で『作りっぱなし』状態のホームページが見受けられます。
今まで弊社にご依頼頂いたお客様の声を伺うと、やはりこの部分に気が付かれていない場合や、やりたくても出来ない!とお困りのケースが殆どです。

最近のホームページは、殆どが『CMS(コンテンツマネージメントシステム)』というプログラムが組み込まれています。
この『CMS』というものは元々ブログ(日記)を更新する為に発祥し、今ではコーポレートサイトやショッピングサイトまで様々なホームページの裏側で動作しています。

そもそもブログは「誰でも何処からでも簡単に記事を更新できる」のが最大のメリットです。
ホームページを作ったことがある方ならお判りかもしれませんが、専用のソフトで写真データや更新したHTMLファイルをアップロードする...これがかなり大変なのですが、CMS内蔵ならば全く必要なくなるのです。
とにかくインターネットさえあれば、誰にでも簡単にホームページの更新が出来るのです。

もちろん弊社でも全てのお客様にご提供させていただいており、実績も豊富です。
簡単な「お知らせ」の更新から「オンラインショップの商品登録」まで。
御社の望まれている事以上に出来る事は豊富です。

まとめ

いかがでしたか?ちょっとでも心当たりがある部分はありませんか?
ある方は勿論、ない方でも現状に満足されていない方は、「じゃあ、こういう事もできるの?」という事だけでも結構です。
まずは弊社までご相談下さい。
想像以上のご提案が出来るかもしれません。